FC2ブログ

*Neverlandic*

大聖堂 - モーリス・ユトリロ

Grande Cathedrale(Cathedrale Orleans) Maurice Utrillo 1913 Notre Dame Maurice Utrillo 1909

横浜美術館の「ルノアールとパリに恋した12人の画家たち展」ではオランジュリー美術館所蔵のユトリロ作品が6点来ていました。ユトリロの作品を一度にこんなに見るのは初めて。

この2つの作品は並んで展示されていましたが、最初目にした時に心拍数上がった。
威圧感凄い。会期中にまた見に行きたい。

Title: 大聖堂(左)、ノートルダム(右)
Artist: Maurice Utrillo
ルノアールとパリに恋した12人の画家たち展(横浜美術館)にて

コートールド美術館展(東京都美術館)

東京都美術館で12月15日まで開催中のコートールド美術館展を観てきました。
会期前からずっと楽しみにしていたのですが、なかなかタイミング無くて今頃行ってきました。
イギリスの実業家サミュエル・コートールド氏が集めたコレクション。印象派の先駆けからポスト印象派あたりの作品がたっぷり堪能できます。

セザンヌのコレクションが豊富でした。
個人的にはセザンヌにはあまり惹かれないのですが、今回は好きだな~と思える作品を発見。
Lac d'Annecy Paul Cezanne 1896


「アヌシー湖」 セザンヌ
色彩も構図もカチッとして几帳面





Still Life with Plaster Cupid Paul Cezanne 1894


「キューピッドの石膏像のある静物」 セザンヌ
画面が傾いている不思議な空間構成とシュッとした存在感のキューピッドの組み合わせが好き






僕の好きなナビ派のボナールやヴァイヤールの作品もありました。
Landscape with Olive Trees and a Chapel Pierre Bonnard 1924

「オリーブの木と教会のある風景」 ボナール
この絵は実は左側から明るい陽光が注いでいる風景なのですが、近くで見るとたぶんよくわからない。数メートル離れて見た方がボナール独特の色彩で日差しが描かれているのがわかりやすい。


一点だけ、アンリ・ルソーの作品もありました。むふふ。
The Toll Gate Henri Rousseau 1890


「税関」 アンリ・ルソー
異世界感のある画面が目を引くルソー。
ずっと税関職員として働いていたルソーですが、この絵は自分の職場を描いた作品と言うことになるのでしょうが、実際に存在する風景ではないようです。


展示されている作品数はそこまで多いわけではないと思いますが、1点1点の質が高いので、好きな絵がたくさん見つかったし、とても満足感のある展覧会でした。あえて目玉作品のマネは載せていないけど、マネの作品もとても印象的でした。印象派前後好きな人にはピッタリの展覧会です。

郊外 - アンリ・ルソー

Banlieue Henri Rousseau 1896
諏訪湖の畔にある小さな美術館、ハーモ美術館で見たルソーの作品。
ハーモ美術館は素朴派の画家の作品を中心に収蔵していて、ルソー作品は9点所蔵しているそうです。僕が訪れた時は、そのうち6点を見ることができました。

この絵は色遣いがお洒落で目を惹きます。
ルソーの風景画の、絵本みたいな可愛さと不思議な静けさが好き。

装飾的風景 - エレン・テスレフ

Decorative Landscape Ellen Thesleff 1910
国立西洋美術館の常設展示エリアで開催中のモダン・ウーマン展がすごく良かった。
1880年代~1940年代頃に活躍したフィンランドの女流作家の作品展。
出展されていた画家は初めて聞く人ばかりだったけれど、気になる画家ばかりでした。
松方コレクション目当てに行ったんですけど、こっちの方が印象に残ってます。笑

この絵はホッとするような平和な感じが好きです。エレン・テスレフという人の作品。
カンディンスキーに影響を受けてだんだんと抽象的な画風に傾倒していきます。

Title: Decorative Landscape
Artist: Ellen Thesleff
モダン・ウーマン展(国立西洋美術館)にて

鶏のいる村の道 - エルヴィエ

鶏のいる村の道 Louis-Adolphe Hervier
しんと静まり返った村の風景なのですが、建物の形のせいか、どこか落ち着かない、不安にさせる雰囲気があって目を引かれた。初めて見る画家でしたが、他の作品も好みでした。

Title: 鶏のいる村の道
Artist: アドルフ・エルヴィエ
印象派への旅 バルク・コレクション展(Bunkamuraザ・ミュージアム)にて

このカテゴリーに該当する記事はありません。