FC2ブログ

*Neverlandic*

祖母の指輪

あけおめ。ことよろ。

年末年始に実家に帰省した際、母親に指輪を渡された。
2年前に亡くなった祖母が、亡くなる前に「Bucciにお嫁さんができたらあげてね」と母に託した指輪だそう。婚約指輪みたくダイヤが付いた指輪。
いつも高そうな宝石を身に付けていた祖母だったので、きっと高価なものなんだと思う。

「おばぁちゃんがBucciのお嫁さんに…って言ってたけど、どうする?いる?」と尋ねる母。
「要らない」っていうのは、祖母の気持ちを無碍にするようで罪悪感を感じるのだけれど、女性と結婚する気はさらさらないので、「要らないかな…○子(妹)にあげた方がいいかも」と答えた。
「そっか…」と答えて指輪をしまう母。ちょっと声が寂しそうな気がした。
普段から「結婚する気はない」とことあるごとに両親に言ってはいるけど、やはり結婚してほしいようで、ちょくちょく恋人や結婚の話を振ってくる。「指輪要らない」という返答も、つまり結婚する気はないということだけれども、やはり母としてはがっかりしたと思う。
本当はがっかりさせたくないし、結婚しないと言って親を戸惑わせるのは不本意なのだけれど、どうしようもできない。

いつも散々「結婚しない」と言い張っているけれど、今回の指輪の件は祖母の気持ちもあることなので、その後ずっとモヤモヤしている。
ダイヤの指輪、なにか別のアクセサリーとして使える道はないかな。
女性と結婚はできないけど、いつかイイ人見つかったら、その人に贈るとか。

それにしても、なぜこのタイミングで指輪のこと聞いてきたのだろう。急ぐ必要もないのに。
「いつかのために取っておいて」みたいな答えを期待していたのかもしれない。
でもそんな期待を抱かせてしまうようなことは言えない。

蛇足だけど、恋人とのペアリングにはすごく憧れがあって、「きのう何食べた?」(ドラマ版)のペアリングを買うことになったケンジのテンションの上がり様はすごく共感できた。

昔リアルした人と5年ぶりにリアルした話 

先日、会社帰りにアプリであった人とリアルしてきた。
都会に引っ越してから、仕事帰りに飲みに行きやすくなって平日リアルもしやすい。笑

今回会ってきた人、実は初めて会ったのは5年前で、今回5年ぶりの再リアル。笑
たまたまアプリで見かけて足跡残したら、久しぶりに飲みにでもという流れに。

5年前は3-4回ほど会ってそれっきり。というのも、当時同じ時期に今回の彼ともう1人別に会ってる人がいたのだけど、どちらも恋人候補として好感触な感じで。今回の彼はルックスはタイプど真ん中ではないけど、気さくでとても話しやすくて一緒にいて心地よい感じ。一方、もう一人は会話の波長はそれほど合うわけではないけど、顔もタイプで高身長。
当時の僕は、高身長な彼の方を追っかけた。そして、フラれた。。。笑
気さくな彼の方は、その後他にイイ人見つけて、僕もフラれた後に別の出会いがあって…という感じでやり取りないまま5年の月日が経過。

昔の日記を読み返してみたら、当時の彼の印象について「基本的に波長が合う。ルックスはタイプじゃないけど、一緒にいたいと思わせる雰囲気」と書いていた。笑
今回久しぶりに会ってみて、5年ぶりとは思えないくらい自然な感じで話せていて、やはり波長は合うんだなと実感。生き方のユルさが似ているんだと思う。笑

会う前はまた友達になれたらいいなくらいな気持ちだったのだけど、こんなに一緒にいて楽な人あんまりいないんじゃないか?という気がして、急に気になる存在に。笑
楽しかったし、早くまた会いたいと思う。

お互いフランクに話しすぎて、5年ぶりなのにすでに飲み友達感があるので、あちらは恋愛対象として見てくれている気がしないのだけど、この後どうなるのか。

次は年明けに初詣行く予定。

Gotta Work

先日ゲイ的マッチングアプリでリアル(実際に会うこと)してきました。
会ってみたらプロフの写真よりずっとかっこよいという珍しい展開。
プロフの写真とメッセージのやり取りでの印象から、勝手に「ただの変態なおっさん」ってイメージを持っていたのですが(失礼)、実物は全然違いました。笑

ルックスもさることながら、爽やかで物腰ソフトでとても好感の持てる印象。たれ目の優しげな瞳で見つめながら「うんうん」と話を聞いてくれるので、ついつい色々喋ってしまう。笑
年齢は僕より7つくらい上なのですが、お肌も綺麗で体型もシュッとしているし、なんだか色気があるんですよね。自分もこういう男になれるように努力しなければ!と思いました。

残念ながら、長年付き合っている彼氏がいるそうなので(会う前から知っていましたが)、恋愛関係になることは有り得ないですが、彼を自分磨きのお手本に頑張ろうと思います。
もう30歳だし、自分の市場価値を上げる努力をきちんとしていかなければなりません。

男前レベルが高い人と会うと刺激になりますね。
イケメンには恐れ多くてなかなかアプローチできないですが、もうちょい勇気を出してアプローチしてみようかと。発展はしなくても、そういう人と会うだけでも、刺激、というか自分のダメさに危機感を持つ機会になるのではないかと。笑

"Gotta Work"  Amerie
頑張りたい時の脳内BGMはいつもコレ。

Happy

一番仲の良い女友達がついに結婚しそうです。
彼女とは大学時代からの付き合いで、よく遊びに行くし、2人で旅行に行ったりもする仲。
もちろんゲイであることはカムア済み。

ずっと婚活してたけど、なかなか上手く行かなくて、本人はかなり焦っていたので、結婚できたのは何より。
なのですが、実はここまで来るのに旦那とちょっとゴタゴタしたことがあって、いざ結婚式の準備を始めようとなったところで、旦那が全然協力的じゃなく、ことあるごとにダメ男ぶりを発揮…。実は当初の予定では、先月結婚式を挙げるという予定で式場も押さえていたのですが、一旦ご破算となり式もキャンセルに…。別れることも考えて、婚活再開したりもしてました。

と言う事情を知っているので、ついに彼と結婚に踏み切ったと彼女から聞いて、素直に祝福していいものか迷いました。
彼女曰く、「婚活再開して会った人もイイ人いないし、この先彼よりイイ人現れるとも限らないから、数年後に離婚してるかもしれないけど、結婚してみる」とのこと。
まぁ、結婚にも相手にもあまり期待していない分、逆に上手くいくかもしれません。
友人としては幸せになってくれることを願うばかりです。

いつも遊んでいた友人もついに結婚してしまって、寂しくなります。おめでたいけど、遊び行ったり旅行に行ってくれる友人が減ってしまって寂しさの方が勝っています。笑

結婚してもたまには遊んでくれるといいな。
旦那さんゲイに寛容だといいな。
幸せな家庭を築いてくれるといいな。

"Happy"  Leona Lewis
この曲は幸せを歌った曲ではなくて、幸せになるという決意を歌った曲。
彼女にぴったりかもしれない。結婚おめでとう。

オリーブ畑 - ゴッホ

Olive Grove Vincent van Gogh 1889
昨年亡くなった祖母が、亡くなるまで入院していた病院の病室から見える景色が、どこか見覚えあるな、と思ったらこの絵でした。ゴッホがサン=レミの精神病院に入院中に描いた「オリーブ畑」。祖母の病室から見えたのはオリーブではなく、栗の木でしたが。

青色の幹が昼間なのか夜なのかわからない不思議な雰囲気を作り出しています。曲がりくねりながら伸びる木々は力強さがありますが、生命力に溢れている、という力強さではない気がします。

Title: Olive Grove (1889)
Artist: Vincent van Gogh
「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」(東京都美術館)にて

このカテゴリーに該当する記事はありません。