FC2ブログ

*Neverlandic*

あした

平日はお風呂に浸からないでシャワーだけで済ませてしまうのですが、週末はゆっくりお風呂に浸かるようにしています。

最近はいつも半身浴です。半身浴の方が体が温まって風呂上りのポカポカ感が長続きする気がします。そして、防水のポータブルスピーカーを持ち込んで音楽を聴きながらリラックス。

今日ものんびりリラックス…と思っていたのですが、湯船につかりながらうっかり中島みゆきの「あした」を聴いたら、なんだか重く、寂しい気分になってしまいました。リラックスどころではなかった。

「あした」 中島みゆき
日曜の夜にふさわしい選曲ではありませんでしたが(笑)、とても好きな曲です。
ロンリーハートにビシビシ響きます。

オペレーター

いつの間にかひと肌恋しい季節になりましたね。今年も残り2か月だなんて信じられない。
恋愛活動第2次計画は、順調に進んではおりません。笑

先日、アプリで何度か会った人に付き合おうと言われましたが、断ってしまいました。
単純に自分のタイプではなかったというのが理由ですが、自分の中では初めて会った時から友達路線かなーと思っていて、あちらも特にそういうアピールしてくるわけでもないからてっきり同じく友達路線かと思いきや、違ったようです。

一方で、僕も、発展したらいいなーと思っていた人たちに立て続けにフェードアウトされて、ちょっと寂しい思いもしました。なかなか上手くいかないものです。

"Operator"  Låpsley
He doesn't call me so put me through operator
  Maybe I’ll leave him and fall in love with you operator

Happy

一番仲の良い女友達がついに結婚しそうです。
彼女とは大学時代からの付き合いで、よく遊びに行くし、2人で旅行に行ったりもする仲。
もちろんゲイであることはカムア済み。

ずっと婚活してたけど、なかなか上手く行かなくて、本人はかなり焦っていたので、結婚できたのは何より。
なのですが、実はここまで来るのに旦那とちょっとゴタゴタしたことがあって、いざ結婚式の準備を始めようとなったところで、旦那が全然協力的じゃなく、ことあるごとにダメ男ぶりを発揮…。実は当初の予定では、先月結婚式を挙げるという予定で式場も押さえていたのですが、一旦ご破算となり式もキャンセルに…。別れることも考えて、婚活再開したりもしてました。

と言う事情を知っているので、ついに彼と結婚に踏み切ったと彼女から聞いて、素直に祝福していいものか迷いました。
彼女曰く、「婚活再開して会った人もイイ人いないし、この先彼よりイイ人現れるとも限らないから、数年後に離婚してるかもしれないけど、結婚してみる」とのこと。
まぁ、結婚にも相手にもあまり期待していない分、逆に上手くいくかもしれません。
友人としては幸せになってくれることを願うばかりです。

いつも遊んでいた友人もついに結婚してしまって、寂しくなります。おめでたいけど、遊び行ったり旅行に行ってくれる友人が減ってしまって寂しさの方が勝っています。笑

結婚してもたまには遊んでくれるといいな。
旦那さんゲイに寛容だといいな。
幸せな家庭を築いてくれるといいな。

"Happy"  Leona Lewis
この曲は幸せを歌った曲ではなくて、幸せになるという決意を歌った曲。
彼女にぴったりかもしれない。結婚おめでとう。

郊外 - アンリ・ルソー

Banlieue Henri Rousseau 1896
諏訪湖の畔にある小さな美術館、ハーモ美術館で見たルソーの作品。
ハーモ美術館は素朴派の画家の作品を中心に収蔵していて、ルソー作品は9点所蔵しているそうです。僕が訪れた時は、そのうち6点を見ることができました。

この絵は色遣いがお洒落で目を惹きます。
ルソーの風景画の、絵本みたいな可愛さと不思議な静けさが好き。

オリーブ畑 - ゴッホ

Olive Grove Vincent van Gogh 1889
昨年亡くなった祖母が、亡くなるまで入院していた病院の病室から見える景色が、どこか見覚えあるな、と思ったらこの絵でした。ゴッホがサン=レミの精神病院に入院中に描いた「オリーブ畑」。祖母の病室から見えたのはオリーブではなく、栗の木でしたが。

青色の幹が昼間なのか夜なのかわからない不思議な雰囲気を作り出しています。曲がりくねりながら伸びる木々は力強さがありますが、生命力に溢れている、という力強さではない気がします。

Title: Olive Grove (1889)
Artist: Vincent van Gogh
「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」(東京都美術館)にて